【共同通信杯2019】予想と過去10年のデータと傾向分析


今回は共同通信杯2019の過去10年のデータを分析予想していきます。

今年は朝日杯FS勝ち馬のアドマイヤマーズが抜けた人気となりそうです。

さらに京都2歳S勝ち馬のクラージュゲリエ、ひいらぎ賞圧勝のダノンキングリーも参戦。

堅くなりそうなレースですが、過去データ傾向はどうなのか?分析していきましょう。

 

 

人気データ

まずは人気データから見ていきましょう。

全体を見ると、かなり人気馬が強いレースです。

勝ち馬7頭、2着馬7頭が1~3番人気馬から出ていますし、人気馬がかなり好走しています。

6~10番人気馬も7頭馬券に絡んでいて、複勝回収率は93%とかなり高め。中穴馬もまずまず狙えそう。

11番人気以下は21頭出走して馬券内はゼロ。人気がなさすぎる馬には厳しいレースです。

 

枠順データ

勝ち馬の数を見ると、6枠~8枠は1頭だけとなっています。

複勝率を見ても6枠11%、8枠10%と外目の枠は苦戦しているようですね。

5枠より内の枠が好走しやすいレースと言えます。

 

脚質データ

複勝率を見ると断然高いのは先行馬。50%近くとかなりの確率で馬券に絡んでいます。

中団馬も複勝率22.5%と成績が良いですが、後方馬になると急に成績が下がりますね。

上り1位、2位の馬は60~70%の確率で馬券に絡んでいるように、上りの求められるレースではありますが、後方からだと届かないことが多いようです。

先行集団かその後ろの辺りに付けられる馬を重視したいですね。

 

馬体重データ

このレースに関しては馬体重で有利不利はないようです。

440~459kgの馬体重の軽い馬から500kg以上の馬まで、ほど良く好走しています。複勝率も偏りがないですね。

 

調教師データ

複数頭馬券に絡んでいるのは二ノ宮敬宇厩舎、矢作芳人厩舎、戸田博文厩舎、堀厩舎です。特に堀厩舎は4頭も3着以内に入っていますね。

今年は堀厩舎のシュヴァルツリーゼが出走予定となっています。

また10位以内ではありませんが、池江泰寿厩舎も2頭出走してどちらも馬券に絡んでいます。

今年は池江泰寿厩舎のクラージュゲリエが出走予定。こちらも注目でしょう。

 

馬主データ

サンデーレーシング、キャロットファームは8、9頭近く出走して、複勝率50%以上と素晴らしい成績。

今年はサンデーレーシングのシュヴァルツリーゼ、キャロットファームのクラージュゲリエが該当します。調教師の所でも出てきた2頭ですね。

 

種牡馬データ

出走頭数が断然多いのはディープインパクト産駒。25頭出走して9頭馬券に絡んでいます。

複勝率自体は44%とそこまで高くないですが、単勝回収率、複勝回収率共に100%越えと非常に妙味があります。

昨年3番人気2着のサトノソルタス、2016年6番人気1着のディーマジェスティのように人気以上に走ることが多いので、同産駒には注目ですね。

今年はダノンキングリー、ゲバラの2頭が該当します。

 

 

狙いたい馬はどの馬か?

ざっと過去傾向についてまとめてみました。

まぁ少頭数となりますしそこまで極端に波乱になるのは考えづらいですよね。

ココ最近は超出世レースとなっている共同通信杯ですしここでの勝ち方次第で当然ながらクラシックで重視しなければならない馬が出てくると思います。

 

 

人気的にはややアドマイヤマーズが抜けた人気になってきそうですがまぁ確かにこれは強いとは思いますよ。

ただ個人的にはこの馬よりも軸にしたい馬がいるのでランキングで発表しておきますね。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

普通にこの馬クラシックでも勝ち負け出来る馬だと思ってます。

2歳戦から見てきて初戦で重賞級を確信した1頭だったしこのオッズで買えるなら頭で狙ってみても良いかな?と思うレベルで最終予想でも間違いなく重視する予定。

 

 

また無料メルマガでも見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

最終買い目は勝ち組プロジェクトにて公開です!

【スマホ・PCの方】⇒登録はこちち

【ガラケーの方】⇒登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━

共同通信杯の激穴馬を皆様に特別にお教えしちゃいます

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」

「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万馬券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、

こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、万馬券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは『人気に左右されず馬の良し悪しを見分ける事。』

 

例えば、新聞紙にこれでもかというほど重い印が打たれていたり、

単勝1倍台だったりすると、つい買ってしまいたくなるでしょ?

 

あるいは二桁人気だったり、単勝100倍を超えという理由で

消してしまったこともあるのではないでしょうか?

これこそが万馬券を効率的に狙う上では罠なのです。

 

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】は、

凄腕の万馬券ハンターと提携することで、

人気に左右されず“情報力”だけで勝負しています。

 

今週の週末から…

「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

【共同通信杯で買うべき凄穴馬はこの馬だ!】



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ