【宝塚記念2020】予想と過去データ傾向分析|サートゥルナーリアは鉄板なのか?


今回は宝塚記念2020の過去10年のデータを分析予想していきます。

金鯱賞では58kgを背負って完勝したサートゥルナーリアや、ラッキーライラック、クロノジェネシスと強い牝馬も参戦。

人気はこの3頭で分け合う形になりそうですがサートゥルナーリアが1番人気になりそう。

そして香港ヴァ―ズを制したグローリーヴェイズ、2200mへの距離延長は良さそうなブラストワンピースも参戦しています。

有力馬の取捨選択をうまい具合にすれば、馬券的にも面白くなりそうですね。

人気、枠順、脚質などのデータを見て、どのようなレースとなるかを考えていきましょう。

 

 

人気データ

1番人気馬の複勝率は70%と高め。

ただ2~5番人気馬の複勝率は低め。

6~10番人気馬は11頭も馬券に絡んでいて、複勝回収率は109%。

11番人気以下の馬は2頭馬券に絡んでいて、複勝回収率は55%。

かなり中穴馬が馬券に絡んでいるようです。狙っていきましょう。

 

枠順データ

勝ち馬が7頭出ているのが8枠。

8枠に入った馬には注目したいですね。強い馬も多かったが。

とはいえやはり荒れ馬場になった阪神最終週は外枠有利でしょう。

 

脚質データ

逃げ馬の複勝率が30%、先行馬の複勝率が33.3%。

中団馬、後方馬もたびたび馬券には絡むので軽視はできませんが、

基本的に前の馬有利なレースです。

 

上り3Fデータを見ると1位馬の複勝率が100%。

上り最速を使えそうな馬は素直に重視で良いでしょう。

上り3F6位以下の馬はほとんど馬券に絡まないので、

先行して粘りこむタイプの馬はなかなか厳しいかもしれませんね。

 

年齢データ

複勝率が高いのは5歳馬。次いで4歳馬。

宝塚記念は毎年厳しい流れになることが多いので

5歳ぐらいの完成された馬が良いのでしょう。

 

馬体重データ

成績が良いのは460kg以下の馬。

比較的小柄な馬が好走しています。

G1にしては非常に珍しい競馬校ですよね。

今年の有力馬の中で前走460kg以下の馬は…

 

クロノジェネシス

グローリーヴェイズ

この2頭です。

 

調教師データ

出頭頭数が多いのは栗東ですし、複勝率も栗東の方が高いですからね。

栗東優勢と見て良いですが美浦の馬は回収率は非常に高いですね。

(久保田厩舎のマリアライトの勝ちが押し上げた部分もありますが。)

 

馬主データ

良く馬券に絡んでいるのはサンデーレーシング。

19頭出走して6頭馬券に絡んでいます。

ただどの馬も人気しているようで複勝回収率は43%と低いですね。

今年はラッキーライラック、クロノジェネシス、ダンビュライトが該当します。

 

種牡馬データ

出頭頭数が多いのはステイゴールド産駒、

キングカメハメハ産駒、ディープインパクト産駒はそこまで成績が良い感じはしませんね。

 

コース種牡馬データ

阪神芝2200mの種牡馬データを見ていきます。

複勝率が高いのはキングカメハメハ産駒、

マンハッタンカフェ産駒、ルーラーシップ産駒の3つ。

 

今年の登録馬で言えば

 

キングカメハメハ産駒

レッドジェニアル

 

マンハッタンカフェ産駒

出走馬無し

 

ルーラーシップ産駒

キセキ、ダンビュライト

 

種牡馬データ的にはこんな所ですね。

 

前走着順データ

まずは前走脚質データですが、前走2着馬の複勝率が47.1%と非常に高いです。

複勝回収率も118%とかなり高いですからね。

 

今年の登録馬で言えば

大阪杯2着馬のクロノジェネシス

天皇賞春2着馬のスティッフェリオ

この2頭が該当します。

 

さらに前走6着以下の馬はかなり不調気味。

宝塚記念ぐらいのレースになると前走掲示板に載れていないような馬は

なかなか好走してこないということでしょう。

 

前走人気データ

続いて前走人気データを見ていきます。

 

前走1~3番人気馬の好走率が高い。

前走6~9番人気馬もそれなりに好走して、穴を開けているようです。

前走10番人気以下の馬はなかなか厳しいですね。

 

基本的には支持を集めている馬を狙っていきたいですし、

穴でも穴過ぎない所を狙った方が良いでしょう。

 

前走脚質データ

さらに前走脚質データを見ていきます。

先ほどの今回脚質データでは逃げ、先行馬の複勝率が30%近くでしたが

こちらの前走脚質データでは逃げ~後方でほとんど差がありません。

 

前走中団、後方から競馬をしていても、

今回きっちり位置を取りに行ってくれるなら狙えるということか。

 

今年の登録馬で言えば

前走後方から競馬をして7着だったブラストワンピース。

元々は先行する競馬も出来ていた馬。

2200mへの距離延長ですし、スタミナ豊富なタイプですから

今回は前走のような競馬はしないでしょう。

 

脚質的には噛み合いそうな一頭です。

 

前走レース名データ

最後に前走レース名データを見ていきます。

 

出頭頭数が多いのは天皇賞春組と鳴尾記念組。

意外なことにどちらのレースも複勝率に大きなは差はありません。

 

ただ当然G1の天皇賞春組の方が人気しがちなので

複勝回収率は天皇賞春組62%に対して、鳴尾記念組は110%。

 

穴なら鳴尾記念組を狙っていきたいですね。

今年は鳴尾記念3着馬のレッドジェニアルが参戦しています。

 

その他で成績が良いのはヴィクトリアマイル組ですが

今年は一頭も参戦していません。

 

今週重賞の狙い馬は下記ランキングで公開中!

今週の狙い馬⇒ 人気ブログランキングへ

またLINE@でも見解はお伝えします!

 

【無料登録は下記画像をクリック↓】

友だち追加数

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

問い合わせ殺到中!話題の馬主情報!

昨年も馬連1点勝負で970円的中!

問い合わせ殺到中!話題の馬主情報!

大物馬主関係者が大金獲得に挑む

【宝塚記念・GI】
馬連1点勝負

【特別無料配信。コチラクリック】

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ