【弥生賞2021】予想分析と全頭診断|ディープ産駒不在の混戦!ダノンザキットは鉄板なのか?


こんにちは。予想家ナツです。

今年の弥生賞はディープインパクト記念にも関わらずディープ産駒は皆無での開催となりそうですね。

人気はダノンザキットがやや抜けた人気になってきそうですが果たして鉄板なのか?

少頭数なので予想的にはシンプルに組んだほうが良い気もしますが全頭診断を行っていきたいと思います!

 

 

ダノンザキットの扱い方について

まずは全頭診断に入る前にダノンザキットの扱いについて考えていきたいと思います。

今までの実績からもここは抜けた人気になるのは当然でしょう。

ホープフルSの完勝っぷりを見ても能力上位なのは間違いありません。

 

 

しかしながら俄然不安が残るのも事実です。

弥生賞では好走は必至かもしれませんがその裏付けとしてあるのが…

「安田隆行厩舎」

です。

ご存知の通りかもしれませんが安田隆行厩舎自体は元々短距離&ダートで実績を上げていました。

ここ数年の重賞勝利データを添付しておきますが確認してみて下さい。

 

 

芝中距離での勝利は皆無に等しい結果となっています。

クラシックとは無縁の厩舎だったのは周知の事実です。

 

 

「ダノン」

冠名はトライアルでは本当に強い。これも周知の事実だと思います。

その事から弥生賞ではやれて当然かもしれませんが本番ではどうなのか?

これは未知数なのもまた思いとしてあります。

 

 

今回のダノンザキットは当然軽視は出来ませんが軸にするかは迷っている所。

それよりも穴で狙える馬がいれば馬券も簡単になると思ってます。

その辺りを続きの記事で分析していこうと思います!

 

 

弥生賞全頭診断

ゴールデンシロップ

初戦はまだまだ身体に余裕ある中で4着。

前走も身体を増やしていたが馬体感的には成長を感じた。

中山コース替わりがどうでるか?こればっかりは未知数。

ただ馬体だけ見るならまだ成長の余地はありそう。期待はある。

 

 

シュネルマイスター

ドイツ産馬。馬体感も新馬戦の時から相当良かった。

距離延長に関しては問題ないし人気の一角だが普通に買いたい。

ルメール続投も心強い。

 

 

スペシャルトーク

芝短距離ー1800mベスト。メンバーを考えてもここは厳しい。

将来的に距離短縮で見直したいとは思っている。

 

 

ソーヴァリアント

ソーグリッタリングの下ですね。

ただ現状では際立って良さがあるわけでもない。

 

 

タイセイドリーマー

本格的に成長してくるのはハーツクライ産駒っぽく先になりそう。

すっぱっと切れるというより持続力タイプなので中山2000mは合いそうだが。

 

 

タイトルホルダー

将来的には更に距離延長で良さが出てもおかしくないタイプ。

ダノンザキットへの逆転は厳しそうですね。

 

 

タイムトゥヘヴン

前走好走したのがびっくりするぐらい。だった。初戦もレースレベル低かっただけに。

2走前の中山の激走は強かったが相手も弱かった。扱いに悩むが個人的には重視しづらい印象。

 

 

ダノンザキット

上記に記載したとおりです。

 

 

テンバガー

初戦でダノンザキットにぶっちぎられている。

とは言え素質だけならここではNO1レベル。動きも抜群。

まだまだ馬が子供だが徐々に成長してきているのも間違いない。

こういう癖馬にミルコは合うしチャンスはありそう。

 

 

ホウオウサンデー

前走は早めに抜け出した1番人気を目標して完勝。

レースぶりは良かったし中山2000mを経験してるのも当然良い。

 

 

レイフロムヘヴン

ここまでの戦績からも通用する余地はあると思う。

ただ現時点で騎手が決まってないのは大幅マイナス。

 

 

ワンデイモア

ある程度力のかかる馬場の方が間違いなく合うタイプ。

芝で頭打ちになってダート中距離路線でもやれそう。

前走はハマった面もあるが。

 

 

穴で狙える馬は?

上位勢は強い。確かにこれは間違いありません。

分析でもお伝えしましたがダノンザキット・シュネルマイスターの2頭については普通に好走もありそうですし。

大荒れと言うのは考えづらいですが穴馬を1頭見つければそれだけでスパッと馬券も取れるような2021年の弥生賞。

 

 

少頭数だけに枠順による影響もそこまで無い。

週中の分析の段階でも十分狙い馬を選別できるに値するかな?とも考えています。

 

 

3,4番人気にはタイトルホルダー・タイムトゥヘヴンが推されそう。

しかしこの2頭は特別重視する材料も無いしとんでもおかしくない現状。

と言うことで浮上してくる穴馬はランキングにて発表しておきます!

狙いたいのはこの馬!⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

分析でもお伝えした通り素質だけならno1レベル。

まだまだ子供なだけにその点がどうかだが鞍上とも手が合いそう。

激走あるならここ。賞金加算したいという思惑もあるし仕上げもきっちりやってるのは間違いない。



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ