【皐月賞2019予想】土曜馬場から導くべき攻略ポイントは?


今回は皐月賞2019の予想を中心とした記事を書きます。

YouTubeの動画でも見解についてお伝えしたのですが、今回の皐月賞攻略のポイントは土曜日の馬場状態。

高速馬場になるか否か?この2つで大きく狙いが変わってくる。

という事で今回はブログでも解説を行っておきます!

 

 

土曜馬場を見ての皐月賞展望

冒頭でもお伝えした通り例年の事ではありますが皐月賞はとにかく馬場状態が大事になってくるレースの1つです。

2012年、皐月賞では近年稀に見る極悪馬場での開催となりましたがアノ時の勝ち馬はゴールドシップでした。

覚えている方も沢山いるかも知れませんが、改めて動画も張っておきますね。

(内目を突いて伸びてくる芦毛がゴールドシップです。)

 

 

有力馬が全て外を回して異様な光景のレースですよねw

この時はとにかく馬場状態が悪くて内を突いた馬が1日通して全く来てなかったのでこのような形の競馬となりました。

結果は意表をついて内を伸びてきたゴールドシップの勝利。

 

 

逆に物議を醸したのが2017年の皐月賞でした。

あの時はJRA馬場造園課のありえない馬場造りもありましたが一週前とは一転してスーパー高速馬場仕様となったんですよね。

結果は伏兵でしたがアルアインの勝利だった。

当たり前ですが余裕のレコードタイムでの勝利。

 

 

そして2019年です。

今年は…高速馬場。

こうなってくると狙うべき馬は絞られてきますよね。

とにかく上がり良い脚を使える馬は当然ながら重視しなければなりません。

 

 

高速馬場で狙いたい馬は?

ではどの馬を狙っていくのか?

木曜の枠順が確定した時点で狙っていた穴馬はクラージュゲリエだったのですが今の中山の高速馬場だとこの馬は切れ負けしてしまう可能性が濃厚。

ヴェロックスも穴で取り上げましたがコチラは逆にこの馬場でもやれると思います。

 

 

後はタフ馬場になるなら軽視しようと思っていたダノンキングリー。

これも今のスパッと切れる馬が来るような馬場だと重視せざるを得ないですよね。

 

 

それとサートゥルナーリアです。

これもあまりのも速い馬場というのはテンションが上がってかかるような感じになるならマイナスになってくると思いますがまぁ前走のスパッと切れる脚を見ても問題はないでしょう。

よってこの馬については僕は軸にしませんが対抗にします。

 

 

後はこの馬場になって急浮上した馬がいます。

それは…ニシノデイジーです。

「は?タフな馬場向きだろこの馬。」

と思う方もいるかもですが着目すべきは切れ味勝負になった東スポ2歳Sでの競馬っぷりです。

 

 

あの時は開幕週の馬場で乾いていて全体的に早い時計も出ていた。

当然ながら上がりも相当使える馬じゃないと厳しい中であの競馬。

立ち回りも良い馬だし前走負けた事で人気落ちが半端ないですよね。

これは軽視予定でしたが直前馬場を見てぐっと印を上げたいと思った馬です。

 

 

そして軸馬についてですが…

これについてはいつも通りランキングにて発表しておきますね。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

やはり中山2000mは適正の差が思いっきり出てくる。

コーナー4回の競馬を連続で経験できているのは間違いなくプラスだし今のような高速馬場でも走りっぷりから見てもまぁ普通にこなしてくるとは思う。

この馬にマークが集中する事は無いだろうし頭まで個人的にあってもおかしくないと見ています。

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

皐月賞の結論!馬主・廐舎・騎手からの裏情報を無料公開

関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】

1,元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている

2.情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析

▼【皐月賞】関係者が買う『勝負馬券』はコチラ



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ