【神戸新聞杯2018】予想オッズと人気出走馬分析&先週結果報告


今回は神戸新聞杯2018の予想を中心とした記事です。

2018年は少頭数での一戦となってきそうなのですが

ダービー馬ワグネリアンを筆頭に好メンバーが揃います。

エタリオウ・エポカドーロの2頭も当然能力高いですし

正直3強で決まってガチガチ決着も有り得そうですよね。

神戸新聞杯は比較的毎年堅い決着で終わる事が多い。

果たしてどういう結末を迎えるのか?予想していきます。

 

 

先週の結果報告

まずは本題の神戸新聞杯の話題に入る前に先週の結果から。

重賞に関しては恥ずかしながら的中が出ず…心苦しい限り。

【ローズS 予想結果】

1着 ☆ カンタービレ

2着 × サラキア

3着 消 ラテュロス

ーーー

5着 ◎ ウラヌスチャーム

ここはそこそこ自信ある一戦と言う感じではありました。

ウラヌスはここで賞金加算しておかないと厳しい立場だったし

前走の走りも完全にへぐっての負けだったので狙いましたが

あの位置取りから大外ぶん回しで3着にも届かず><

 

 

【セントライト記念 予想結果】

1着 △ ジェネラーレウーノ

2着 ▲ レイエンダ

3着 消 ギベオン グレイル

(間違い。ご指摘頂いた方ありがとうございます)

ーーー

4着 ◎ ブレステイキング

ここは痛恨のハナ差での不的中となりました。

どの道、当たった所で配当面に期待は出来なかったですが

ここもブレステイKは賞金加算必至の立場でしたからね。

強気に乗ったブンが仇になってしまった印象を受けた。

 

 

何にせよハズレはハズレです。

2018年は重賞における成績が壊滅的になっているので

何とかここから巻き返せるよう考えていきたい所です!

 

 

2歳戦の方は相変わらず絶好調です!!

【セントライト記念2018】予想と最終前見解&日曜の結果

上記記事で土・日の結果についてはまとめましたが

土・日の連続で勝ち越して月曜も完全制覇狙うぞ!

と思っていたのですが月曜は微妙な結果に…。

 

 

【勝ち組P 月曜の推奨馬一覧】

中山1R ダイシンインディー 1番人気1着

阪神2R タニノマイカ 7番人気5着

阪神5R メイショウオニテ 2番人気9着

阪神6R クリソベリル 1番人気1着

阪神8R モハー 8番人気7着

阪神10R トワイライトタイム 2番人気3着

中山10R ダイワスキャンプ 7番人気2着

 

 

2歳戦は(2-0-0-2)微妙な結果でしたね。

後半戦で穴馬が来ているのもありますが騒げません。

 

 

ドンピシャヒットを連発してバカ騒ぎしたい所!

ぶちかまし!飲みまくり!ヤリまくり!

そうです。

僕の原点はここにありますので。笑

 

 

今週は重賞でも良い結果をお届けしたい!

と言うことでそろそろ本題の神戸新聞杯の話題へ。

神戸新聞杯予想オッズ

まずは現時点での予想オッズからご紹介です。

1 エポカドーロ    2.2
2 ワグネリアン    2.6
3 エタリオウ     4.7
4 ステイフーリッシュ 10.9
5 ゴーフォザサミット 16.1
6 メイショウテッコン 20.1
7 アドマイヤアルバ  25.0

ざっとここまでが上位人気の支持を受けそうです。

 

 

人気出走予定馬分析

エポカドーロ

前目からしぶとく粘り通す競馬でクラシック2戦連続好走。

正直ここまでやれるようになるのは驚きでしか無いですが

こういうそつなく立ち回れる馬は現代競馬では重視すべき。

今回は明らかに叩き台の一戦は濃厚ではあるのですが、

動きも悪くないしまぁ流石に消すのはやりすぎな気はする。

阪神2400mなので負ける可能性は大いにありますが。

 

 

ワグネリアン

鞍上の福永が頭蓋骨骨折ながらも乗ると宣言している。

個人的にはしばらく休んだほうが良い気はしますけどね…。

そういう万全の状態ではない中で乗るのは不安材料の1つ。

ダービー勝利後の騎乗っぷりは勝負強さも出てきていたし

個人的にはあれだけ嫌いでしたが最近はそうではない。

馬自体も当然ここは叩き台ではありますが適正舞台。

普通に好走する可能性は高いのではと思います。

 

 

エタリオウ

勝ちきれない競馬が続いているがそういう馬だろう。

ただ、今回は陣営の本気度は一番高そうですよね。

友道厩舎は2頭だしになりますがこっちに賞金加算させて

ワグネは別に負けたとしても何ら問題ないですからね。

舞台設定も合う。普通に上位評価するべき馬と思う。

 

 

ステイフーリッシュ

3走前は位置取りと進路取りが悪すぎて大凡走。

前走のダービーは後方から進んだ馬は壊滅的だった。

そういう意味ではここで好走する余地は十分あるし

少頭数なのである程度出していく競馬も出来るでしょう。

馬体的が更に成長していればこの距離は間違いなく合う。

 

 

ゴーフォザサミット

前走の札幌記念は強気の乗った馬は壊滅していた。

この馬も強気に乗ったクチでしたし気にしなくてOK。

器用さが求められるように舞台設定より阪神2400mが良い。

条件は揃っているし普通に人気無さそうで買いでしょう。

 

 

メイショウテッコン

強気な競馬をしてどこまでやれるかでしょう。

鞍上もコミコミで早め先頭か逃げの競馬はほぼ確定ですし。

意外と楽な展開になりそうで面白そうな感じはしますが。

 

 

アドマイヤアルバ

上位勢と差は無いが古馬になって馬体がどうなるか。

父系の良い所が出てこれば良いがでなければ距離微妙。

 

 

予想まとめ

と言うことで上位勢を中心の分析していきました。

正直、2018年の皐月賞・ダービーの結果通りでなく

勢力図が入れ替わる可能性は大いにあると感じています。

 

 

エポカドーロ・ワグネリアンの強いのは認めますが

展開が向かなかった場合、取りこぼす可能性は十分あるはず。

ましてや阪神2400mの舞台ですし上がりの競馬になるだろう。

そうなるとエポカは強いが、かなり気になる材料ですよね。

 

 

と言うことで個人的に一週前で一番気になっている馬

いつも通りですがランキングで発表しておきますね。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

鞍上込みでこの馬が最も魅力を感じています。

ここで連対、なんなら勝っておけば今後のローテがかなり楽。

陣営の本気度は高いと思うし勝ち負け出来る力もある。

最終予想でも重視する予定だし軸まであるかもと言うレベル。

 

 

また無料メルマガでも予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

神戸新聞杯の最終穴馬はメルマガでお届け!

【スマホ・PCの方】⇒ 登録はこちち

【ガラケーの方】⇒ 登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

<第66回 神戸新聞杯(G2)>

ダービー・皐月賞馬出走も…

波乱の立役者は”あの馬!”

【無料】神戸新聞杯の3点勝負買い目はこちら



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ