【秋華賞2018】予想と最終追い切り・調教分析


今回は秋華賞2018の追い切りを中心とした記事です。

前回の記事でも書いた通りどう考えてもアーモンド1強ムード。

こういう時に上位に食い込む可能性のあるのは状態面の良い馬。

そういう意味でも調教・追い切りをしっかり見ておきたいですし

予想を導くにしても重要なファクターになってきそうです。

と言う事で早速上位馬を中心に分析を行っていきますね。

 

 

有力出走馬追い切り分析

それでは上位人気馬から中心に追い切りを見てきましょう。

アーモンドアイ

ルメール 美坂 良 1回 49.7 37.0 24.7 12.5 馬なり余力

もう今更この馬の凄さについて触れる必要はないでしょう。

1週前にはWコースで相当な好時計を叩いてラクラク先着して

直前追い切りでは今の時計のかかる美浦の坂路で49秒台。

化け物じみてますしこんなのに逆らってろくなことが無い。

僕が人気馬◎のしたら逆神の如く吹っ飛ぶ事も多いですが

流石にこの馬が馬券内から飛ぶというのはやや考えづらい。

 

 

ラッキーライラック

助手 栗CW 良 82.2 65.7 51.7 38.5 11.9 [7] 馬なり伸る

一頓挫あってからローズSを見送って直行での秋華賞へのプラン。

これに加えて鞍上乗り替わりになりリズムとしては最悪の形に。

動き自体は当然ながらこのクラスの馬ですし悪くはないのですが

ここまで頓挫あった馬がアーモンドアイに勝てるとは思えないが…。

 

 

カンタービレ

助手 栗坂 稍 1回 55.6 39.6 25.5 12.6 馬なり余力

1週前はCW馬なりでラスト素晴らしい時計を出した調教内容。

直前はもうこれ以上やる必要もないので軽めの調整で十分だろう。

確かに前走は恵まれての勝利だが休み明け初戦であの競馬だった。

何だかんだ王道ローテを守ってきている馬は侮れないですよね。

 

 

サラキア

助手 栗CW 良 98.5 82.8 67.5 52.1 37.8 11.5 [9] 強目追鋭く

前走でなんとかしないと秋華賞出走は叶わなかった。

陣営もそこを見越して前走はしっかり作ってきたと思うし

ここでこれ以上の上積みあるか?と言われると正直微妙…。

追い切りの動き自体はしっかり切れる脚使って及第点以上ですが。

 

 

ミッキーチャーム

川田 栗CW 良 82.6 66.9 51.0 37.4 11.4 [8] 一杯追伸る

ここに来て自己ベストを叩いてきて更に状態は上向きか。

中内田×川田ラインは信頼度がかなり高い組み合わせですし

この厩舎の調整力ならノーザンFに太刀打ち出来る可能性も高い。

既存路線で足りなかった馬よりは十分魅力を感じる。

 

 

プリモシーン

北村宏 美南W 良 52.5 37.9 12.2 [4] 馬なり余力

もちろん前走は斤量にも恵まれての勝利だったとは思う。

動き自体はNF天栄で調整して厩舎では軽め。いつも通り。

調教内容自体この厩舎は指示通りやっているだけなので

当然ながら動きが良いに決まっている事が大半です。

 

 

オールフォーラヴ

幸 栗CW 良 96.9 80.7 65.7 51.3 37.3 11.8 [5] 稍一杯追う

1週前にラクラクと自己ベストを叩いてきて直前もしっかり追った。

前走が額面通りやはり太かった事もありそうですし調教内容は良い。

追い切りでやりすぎて馬に疲れが残ったら元も子もないですが

これで馬体重を極端に減らさなければかなり成長を感じますね。

 

 

ウラヌスチャーム

助手 美坂 良 1回 52.7 38.7 25.4 12.7 末強目追う

前走は鞍上が向正面でも追わずラストの脚に賭けた。

それが結果的にラストの差だった気もするので無念でしたが

ハマり待ちのこの馬にはああいう乗り方が良いのかも。

追い切り使われてるし輸送もあるのでびっしりやらずでOK。

大きな上積みはない上に京都2000mは条件は悪いですけどね。

 

 

ゴージャスランチ

横山典 美南W 良 69.2 53.3 39.1 13.1 [8] 馬なり余力

継続してノリさんが乗ってくれるのは間違いなくプラスだろう。

前走は出していって強気に乗ったが4着に敗退で状態も良さげだった。

ノリさんもレース後に言っているようにこの形で踏ん張れないのでは…

という意味深なコメントを残していたしまだ成長が必要かも。

追い切り自体は前走と変わりなく来ているし状態は悪く無さそうだが。

 

 

パイオニアバイオ

柴田善 美南W 良 66.6 51.7 38.7 12.5 [6] G前仕掛け

前走は休み明けの分と展開がハマらなかった点から見直せる。

正直鞍上に関しては強化したとは言えない乗り替わりですが

馬の状態自体は前走叩いて上がってきているとは思う。

後は初の関西圏への輸送と課題も多いがハマればと言う感じか。

 

 

調教から状態面が良さそうな馬は?

と言う事でざっと上位人気馬を中心に見てきましたが

ここまで順調に来れた馬と言うのが理想的と考えてます。

 

 

上位人気3頭でなら

アーモンドアイはそもそも秋華賞予定だったのでGood

カンタービレもローズ使ってここだったのでGood

ただラッキーライラックは調整が狂ったので大幅減点。

となると実質上位2頭は甘くは見れないかな?と言う感じ。

 

 

カンタービレに関してはそもそも能力的にどうなの?

って感じなので吹っ飛んでもおかしくないですが

アーモンドアイは出遅れて前目が有利でも普通に来そう。

(当たり前のお話をダラダラ書いて申し訳無いですが。)

 

 

後は上位3頭以外の中で良い動きだな~と思った馬については

いつも通りですがランキングにて発表しておきますね。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

まだまだ成長を感じる1頭だしここは調教内容も良い。

穴人気するとは思うが個人的には抑えておきたい1頭。

 

 

また無料メルマガでも予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

秋華賞の最終穴馬はメルマガでお届け!

【スマホ・PCの方】⇒ 登録はこちち

【ガラケーの方】⇒ 登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━

秋華賞の激穴馬を皆様に特別にお教えしちゃいます

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」

「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万馬券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、

こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、万馬券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは『人気に左右されず馬の良し悪しを見分ける事。』

 

例えば、新聞紙にこれでもかというほど重い印が打たれていたり、

単勝1倍台だったりすると、つい買ってしまいたくなるでしょ?

 

あるいは二桁人気だったり、単勝100倍を超えという理由で

消してしまったこともあるのではないでしょうか?

これこそが万馬券を効率的に狙う上では罠なのです。

 

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】は、

凄腕の万馬券ハンターと提携することで、

人気に左右されず“情報力”だけで勝負しています。

 

今週の週末から…

「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

第23回 秋華賞(G1)

【秋華賞で買うべき凄穴馬はこの馬だ!】



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ