【秋華賞2018】予想|馬場読み後見解&2歳オススメ馬発表


今回は秋華賞2018の予想を中心とした記事を書いていきます。

土曜競馬も終わり後は当日を迎えるだけとなりましたが、

2018年はアーモンドアイが前日オッズで1.1倍となっていますw

正直、この馬は馬券内を吹っ飛ぶのは少し考えづらいのですが

ひとまず土曜馬場読み後の見解をお伝えしていこうと思います!

 

 

土曜京都競馬の馬場読み

3R

京都外回り。この条件はやはり差しがバンバン決まっている。

結果的に人気馬が後方から進んだ事もあったのですが、

ここも差し馬が台頭してそのまま上位勢は差し決着に。

まだ開幕週からの差し馬場が継続していたな~と言う感じ。

 

 

5R

新馬戦。京都内回りでしたが前目につけた馬が上位台頭。

まぁ新馬戦はそもそも絶対的能力の違いがありますからね。

 

 

7R

外回りマイル。圧倒的に差し決着となっていましたね。

今開催の京都はこんな競馬ばっかりなんですよねぇ…。

まぁ人気所がそのままなだれ込んだと言えばそうですが。

 

 

9R

前半3F37.7秒の鬼のどスローになって前目が残った。

それ以上でもそれ以下でもない、これはちょっとクソレース。

 

 

10R

やはりここもきっちりと差し馬が台頭していましたね。

勝ち馬こそ位置を取りに行ってましたが2,3着は完全に差し。

 

 

11R

逃げた馬と番手の馬がそのまま行った行ったの決着に。

内回りだと前が残っていることもチラホラありましたが

外回りに比べるとそこまで究極の差し合戦にはならない。

 

 

最も馬場・展開が嵌りそうな馬は?

と言う事でざっと土曜競馬を振り返ってみました。

外回りは圧倒的に差しが決まりまくっていたのですが

内回りはそうでもないと言う感じの馬場傾向でしたね。

 

 

最近は開幕週からエアレ&シャッタリング処理の影響で

京都の開幕週で1200mとかでも差しが決まりまくっていた。

一昔前の常識では絶対にありえないような光景ですよね。

 

 

ただ、徐々にエアレ&シャッタの影響も薄れてくるので

そうなってくると前目が残りだす可能性も秘めている。

ましてや秋華賞の内回り2000mですし前残りの可能性も十分ある。

またはINで溜めて最後の直線で伸びてくるような競馬をする馬。

この手のタイプは要注意が必要で軽く見ないほうが良いと思う。

 

 

予想まとめ

では、この馬場傾向を踏まえて展開面を見ていきたいのですが

今回はかなり前に行きたい馬が揃っているんですよね。

 

 

ラテュロス・カンタービレ・ランドネ

サヤカチャン・ダンサール

行けるなら行きたい馬が上記5頭ですし先行策取る馬も多数。

まさか前がやり合う可能性は低いかな?とは思うのですが

ペースはどスローになるのはありえないだろうと思います。

 

 

しかし、前目の馬が多く圧倒的なアーモンドアイが追い込み馬。

こうなってくるとアーモンドに勝ちたいと思っている馬たちは

間違いなく意識は後ろに行く形になってくるだろうと思います。

 

 

ラッキーもカンタービレも自分の競馬に徹するというよりは

アーモンドアイのし掛けに対応できるように乗ってきそう。

となると盲点になるのは前目の馬かな?と考えています。

 

 

それらを踏まえて最も大穴として怖いな~と思う馬は

いつも通りですがランキングにて発表しておきますね。

加えてランキング先にて2歳オススメ馬を1頭発表しますが

【新潟5Rの馬です】馬番はランキング先でご確認下さい。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

秋華賞の大穴は内目からスルッと伸びてくるイメージで。

まさに前走と同じような競馬をすれば大穴としては面白い。

2歳戦の馬の方は枠も良く、相手関係も相当恵まれた印象。

かなり低レベルな新馬戦だが仕上がり良ければ勝ち負け。

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

プロが買う秋華賞の3連単情報知りたくありませんか?

関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】

1.元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている

2.情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析

▼【秋華賞】関係者が買う『3連単勝負馬券』はコチラ



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ