【香港国際競争(カップ・スプリント・マイル・ヴァーズ)2018】日本出走馬&予想オッズ&分析記事


日本からも多数の出走馬が今週は香港国際競争へ出走する形となりますが、これに合わせて有力外人ジョッキーも殆どが遠征と言う形になりましたね。

日本馬のレベルがアップした事で香港でも十分勝ち負け出来る馬が近年は出走してきてますし、当然2018年も色気を出して出走して来る馬が多数。

と言う事で今年は香港で勝ち負け出来る馬は出てくるのか?ざっと4レースともに予想を軽くまとめていきたいと思います。

 

 

香港ヴァーズ予想展望

使い分けという事もあると思いますが日本馬はリスグラシューがここに出走という形になりました。

熱くなりやすい性格の馬なので正直距離に関しては延長して良くなるというのは少し考えづらいとは思うんですけどね…。

モレイラが引き続き乗ってくれる事はかなり好感。この馬の持ち味をギリギリ引き出してくれそうな感じもしています。

 

 

香港ヴァーズ予想オッズ

現時点でのブックメーカーのオッズを発表しておきます。

ヴァルトガイスト  4.50
ミラージュダンサー 6.00
リスグラシュー   7.50
イーグルウェイ   8.00
エグザルタント   9.50
サルウィン     9.50
ラトローブ     11.00
クロコスミア    15.00
パキスタンスター  15.00
エジーラ      17.00
プリンスオブアラン 19.00

上記人気は比較的拮抗してきそうな印象を受けます。

 

 

1番人気はヴァルトガイスト。

凱旋門賞でも4着入選を果たしたように力があるのは明らかでしょう。初の香港への遠征は確かに課題になってくる可能性はあると思いますし馬場が合うかも課題。

 

 

2番人気はミラージュダンサー。

イギリスからの遠征馬。G1は初出走となる。実績面では劣るが人気はかなり被ってくる形となりそうですね。

正直レーティングを見ても有力馬達に比べると低いしここはやや過剰人気な印象も否めない。

 

 

3番人気はリスグラシューが推されそうですね。

おそらく日本のオッズでは1,2番人気のいずれかになってくるでしょう。言うまでも無いですが冒頭の展望でも書いた通り、不安材料は距離。

遠征で気持ちが高ぶって馬が引っかかると吹っ飛びもあり得る。

 

 

香港スプリント予想展望

言うまでも無いかもしれませんが、香港はとにかく短距離戦のレベルが高く例年海外馬が最も苦戦している事が多いのがこのスプリント戦です。

日本馬は過去にはロードカナロアがこのレースを勝利していますが、あの馬はバケモノ級に強かった事もあったと思いますがそれ以降は勝ち馬は出ず。

2018年もアイヴィクトリーやミスタースタニングを筆頭に香港馬が人気になってきそうですね。

今年は日本からはファインニードルが出走となりますが、正直今の低レベルな日本馬が香港の一流馬と当たってどこまでやれるか?厳しい気はしますが。

 

 

香港スプリント予想オッズ

現時点でのブックメーカーのオッズを発表しておきます。

ホットキングプローン 2.38
ミスタースタニング  3.50
ビートザクロック   9.50
アイヴィクトリー   9.50
ファインニードル   9.50
ディービーピン    12.00
リトルジャイアント  17.00

 

 

レーティングでは上位勢には劣りますが重賞3連勝でここに挑んでくるホットキングプローンが1番人気になってくる可能性は高そうですね。

今回は有力各馬がどれもメイチ度合いは高いですし一筋縄では行かない可能性は高いですが、連勝の勢いは本物だし侮れない所でしょうね。

 

 

次ぐ2番人気になるのがミスタースタニング。

前走の香港ジョッキークラブスプリントではホットキングプローンに迫っての2着でしたね。

 

 

逃げているピンク帽子がホットキングプローンで外から伸びている赤い帽子がミスタースタニングです。

 

 

展開一つで着順が変わってくる可能性はあります。更にホットキングプローンは逃げ馬なので有力各馬も早めに動いてくる可能性もあります。

こうなってくると溜めた差し馬に流れが向いてくるでしょう。

 

 

香港マイル予想展望

日本からはペルシアンナイトやモズアスコット・ヴィブロスが出走を表明していますが、ビューティージェネレーションがここ最近の安定感を見ても1番人気は濃厚。

レーティングを見てもこの馬が126で抜けている印象ですね。

まだスプリントと比較すると日本馬の通用の余地は秘めている可能性はあるので楽しみではあります。

 

 

香港マイル予想オッズ

現時点でのブックメーカーのオッズを発表しておきます。

ビューティージェネレーション 1.80
ペルシアンナイト       8.00
モズアスコット        8.00
ワンマスター         12.00
ビューティーオンリー     15.00
サザンレジェンド       15.00
ビートザバンク        17.00
インズオブコート       17.00
フィフティーフィフティー   19.00
ヴィブロス          21.00

 

 

レーティングを見ても1頭ぶち抜けて良いし1番人気になるのはまず間違いなくビューティージェネレーションでしょうね。

前哨戦であるジョッキーズクラブマイルでも2着以下に0.5秒差をつける圧勝ですしこれはちょっと逆らいづらい印象を受けています。
昨年と全く同じローテで使ってきて状態面も完璧でしょう。

 

 

香港カップ予想展望

日本からの出走馬はサングレーザー・ディアドラ・ステファノスの3頭。

正直ステファノスはもう終わった感が強いですが、サングレーザーとディアドラの2頭はメンツを見渡しても通用する余地は十分秘めていそうですね。

昨年は極端な馬場傾向もあって地元のタイムワープーが逃げ切った事もありましたし、当日の馬場状態には要注意と言った感じはしなくもないですが。

 

 

香港カップ予想オッズ

現時点でのブックメーカーのオッズを発表しておきます。

サングレーザー        3.25
ディアドラ          3.75
ワーザー           6.00
タイムワープ         7.00
グロリアスフォーエバー    10.00
ゴールドマウント       13.00
ステファノス         17.00
ストーミーアンタークティック 17.00
シーズンズブルーム      19.00

 

 

1番人気想定はサングレーザー。そして次ぐ人気になるのはディアドラと日本馬が人気になってきそうですね。

サングレーザーは前々走の札幌記念で鞍上が溜めに溜めて最後の直線、それも一瞬の脚を活かす競馬をして上手く乗っての勝利だった印象。

ですが前走の天皇賞・秋ではモレイラが違った一面を見せつけて力での2着入選をもぎ取った感じでしたね。

あの競馬っぷりを見ても十分ここで勝ち負けしてもおかしくないと思います。

 

 

後は今年宝塚記念でも好走したワーザーが3番人気濃厚。

この秋は叩き台のシャティンTで大凡走しましたが前走のジョッキークラブCでは状態を上げてきて3着入選を果たしました。

間違いなくこのレース目標に作ってきているはずで更に状態面を上げてきそうですね。

 

 

真ん中から伸びてくる黄色の勝負服の馬がワーザーです。

ちなみに大外から一気に差し切って勝つのは香港ヴァーズに出走予定のイーグルウェイですが、この馬相当凄い足使って伸びてきていますよね。

要注目かもしれません。

 

 

香港国際競争予想まとめ

と言う事で4レースの分析を行ってきました。

詳しくは時間があれば個別記事で予想をまとめたいと思っていますが、現時点で各レースで狙ってみたい馬は…

 

 

香港ヴァーズ⇒ 人気ブログランキングへ

香港スプリント⇒ まだ未定

香港マイル⇒ ビューティージェネレーション

香港カップ⇒ ディアドラ

と言った感じで考えています。

 

 

後は時間あれば個別記事にて更に分析も行いますし、無料メルマガでも香港国際競争の予想については見解はお伝え予定です!

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

【スマホ・PCの方】⇒登録はこちち

【ガラケーの方】⇒登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

香港国際競争で無料情報を提供してくれるサイト

西岡です。今回は原稿を借りてPRにやってきました。

【香港G1において無料情報を出すサイトの紹介です!】

どのサイトもなかなかの的中率なので参考にしてみて下さいね。

 

【殿堂1】勝ちKEIBA

【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://www.keiba-database.com/

 

【殿堂2】高配当21

【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://ko-21.jp/

 

【殿堂3】競馬ルクリウス

【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://keiba-lux.com/

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この3サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。

この3サイトがあれば競馬で しっかり儲けられそうですね。



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ