【2月15日】あすなろ賞・雲雀S・洛陽Sの競馬予想と過去傾向


今回は2020年2月15日に行われる、あすなろ賞・雲雀ステークス・洛陽ステークスの過去データを分析予想していきます。

注目は京都メインの洛陽S。クイーンS3着の実績があるカリビアンゴールド、キャピタルS3着馬のサトノフェイバーなどが参戦。

ハンデ戦だけに斤量に恵まれている馬、そうでない馬がいますね。

人気、枠順、脚質などのデータを見て、どのようなレースとなるかを考えていきましょう。

 

 

あすなろ賞出走予定馬

まずはあすなろ賞を見ていきましょう。

小倉10R芝2000mで行われる3歳1勝クラスの一戦ですが、ここは出走馬の多くが未勝利戦からの昇級馬ですね。

特に人気を集めそうなのは3戦すべて連対しているファルコニア。3戦すべて単勝1倍台の支持を集めている馬ですがどうか。

相手となりそうなのは小倉コース適性の高そうなアイロンワークス。前走は大圧勝ですし、立ち回りの巧いタイプ。200mほど距離が伸びるのも問題なさそう。

出走馬の中では唯一1勝クラスで馬券に絡んでいるレザネフォールも有力でしょうが、この馬は競馬が下手なタイプだけに小倉コースはどうか?

そこまで強い馬が参戦していないので、どの馬にもチャンスがありそうですね。

 

あすなろ賞人気データ

1番人気馬の複勝率は88.9%とかなり高め。

2~5番人気馬の複勝率も高め。人気馬が断然強いレースです。

6~10番人気馬は3着までのイメージ。

11番人気以下の馬は1頭馬券に絡んでいますが、基本的には厳しい所でしょう。

データ的には人気馬を重視したいレースとなっています。

 

あすなろ賞枠順データ

複勝率が高いのは1枠、4枠、7枠。内外で有利不利はなさそう。

ただ特に1枠は5頭連対とかなり好走しています。

小倉芝2000mということを考えても、1枠に入った場合は有利かもしれません。

馬場状態次第ではありますけどね。

 

あすなろ賞脚質データ

複勝率を見ると逃げ40%、先行34.6%、中団馬36.0%とそこまで差はありません。

ただし勝ち馬は先行馬が多いですね。勝ち切るためにはそれなりの位置が欲しい所か。

マクリもかなり決まるので、出足が遅くても道中で位置を挙げていけるタイプなら好走できるでしょう。

上り3Fデータを見ると1、2位馬の複勝率が非常に高いです。

早めに仕掛けて最後まで伸びることの出来る馬が好走しているのではないでしょうか。

長く脚を使える馬を重視したいですね。

 

雲雀S出走予定馬

続いては雲雀Sを見ていきましょう。

東京10R芝1400mで行われる3勝クラスの一戦ですが、ここは大混戦ではないでしょうか。

同舞台の2勝クラスを勝ち上がったベストアクターは牡馬で55kg、同じく昇級戦のトウカイオラージュも牡馬で55kg。昇級馬は斤量に恵まれています。

ただ3勝クラスで良い走りをしている牝馬54kgアンリミット、牡馬56kgホープフルサイン、牡馬56kgのジョーアラビカも参戦していますからね。

道中の流れ次第でガラリと着順が変わりそうなメンバー構成となっています。

 

雲雀S人気データ

1番人気馬の複勝率は50%とそこそこ。

2~5番人気馬の複勝率は高め。人気馬は活躍しています。

勝ち馬は全て5番人気以内の馬ですね。

6~10番人気馬の複勝回収率は36%と非常に低いです。

ただ11番人気以下の馬は3頭馬券に絡んでいます。

人気馬が強いレースですが、穴馬にもチャンスはあるか。

 

雲雀S枠順データ

複勝率が高いのは1枠、7枠、2枠。

特に内外で有利不利はなさそうですね。

 

雲雀S脚質データ

複勝率が高いのは先行馬で33.3%。

ただ中団馬の複勝率は18.8%、後方馬の複勝率は13.3%と

後ろの馬もそれなりに馬券に絡んでいますね。

上り3Fデータを見ると1位馬と4・5位馬の複勝率がさほど変わりません。

さらに6位以下の馬も8頭馬券に絡んでいます。

前目に付けて粘りこむタイプの馬も好走できるレースでしょう。

 

洛陽S出走予定馬

最後に洛陽Sを見ていきましょう。

京都11R芝1600mで行われるオープン戦ですが、ここもハンデ戦だけに混戦ですね。

クイーンS3着馬で近走マイルで良い走りが続いている牝馬53kgカリビアンゴールド。

シンザン記念勝ち馬のヴァルディゼールは牡馬56kgと少し斤量を見込まれたか。

穴っぽい所では高齢馬が気になりますね。

前走60kg背負ってそこそこ走った57kgブラックムーンや、57kgストロングタイタン、55kgプロディガルサン辺りも力はある馬ですからね。

波乱の可能性があるレースではないでしょうか。

 

洛陽S人気データ

1番人気馬の複勝率は77.8%と非常に高いです。

2~5番人気馬の複勝率は高め。人気馬がかなり強いレースです。

6~10番人気馬は複勝回収率34%。11番人気以下の馬は馬券内2頭。

穴馬にもチャンスはありそうですが、狙い目ではないですね。

 

洛陽S枠順データ

1・2枠の複勝率が非常に低いです。

内目の枠はあまり良くないかもしれませんね。

 

洛陽S脚質データ

中団馬の複勝率が36.4%と非常に高いです。

上級条件のマイル戦だけに差しが決まりますね。

ただ後方になるとさっぱり馬券に絡みません。

上り3Fデータを見ると1位馬の複勝率が高いです。

中団から最速の上りを使えるタイプの馬を重視したいですね。

 

クイーンカップの現時点での狙い馬はランキングで公開中!

今週の狙い馬⇒ 人気ブログランキングへ

また無料メルマガでも見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

最終買い目は勝ち組プロジェクトにて公開です!

【スマホ・PCの方】⇒登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

今週の予想も提供!口コミで話題騒然の競馬予想サイト

中田です。原稿をお借りしてPRにやってきました。

「無料で使える」

「儲かる情報を提供してくれる」

「信頼して長く使える」

おすすめサイトをランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂1】チェックメイト

【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://www.cmjra.jp/

【おすすめポイント】
栗東トレセンを中心とした情報を集め、関西馬の究極のメイチ情報などをお届けしてきているチェックメイト。元JRA調教師の清水久雄氏・浜田光正氏なども監修しているサイトで精度の高さは予想業界でも随一と言われています。

【第1位】高配当XXX
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】http://secret-baken.net/
【おすすめポイント】
無料情報もかなり充実していてとにかく高配当に特化しているサイト。一撃回収の魅力はあるし予想力ある集団がやっているのでその点は推せるポイントです。

【第2位】勝ち馬の定石
【おすすめ度】★★★★★★★
【URL】http://katiuma-no-jyouseki.com/
【おすすめポイント】
多種多様な充実の無料コンテンツが揃っている予想サイト。過去データ・重賞注目馬・生トレセン情報等、最新情報を手に入れることが出来るサイト。3連複万馬券もバンバン出しています。

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この3サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。

この3サイトがあれば競馬で しっかり儲けられそうですね。



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ