【3月29日】大寒桜賞・船橋S・六甲Sの競馬予想と過去傾向


今回は2020年3月29日に行われる、大寒桜賞・船橋ステークス・六甲ステークスの過去データを分析予想していきます。

阪神メインの六甲Sには、重賞・OP戦線で活躍しているサトノアーサーが参戦しています。

さらに大阪城Sでサトノアーサーに先着したサトノフェイバー、中日新聞杯3着馬のアイスストームなども参戦。

人気、枠順、脚質などのデータを見て、どのようなレースとなるかを考えていきましょう。

 

 

大寒桜賞出走予定馬

まずは大寒桜賞を見ていきます。

中京9R芝2200mで行われる3歳1勝クラスの一戦ですが、ここは京成杯3着のディアスティマが人気となりそう。

相手にも恵まれた感じはしますし、ここは素直に上位ではないでしょうか。

距離延長が良さそうなメイショウボサツ、末脚上位のアカイイト、この辺りもチャンスありでしょう。

 

大寒桜賞人気データ

1番人気馬の複勝率は62.5%とそこそこ。

2~5番人気馬の複勝率もそこそこ。

勝ち馬は全て5番人気以内から出ていますね。

6~10番人気馬の複勝回収率は134%とかなり高いです。

穴馬も狙えるレースですね。

 

大寒桜賞枠順データ

複勝率が高いのは7・8枠。

かなり外枠有利なレースではないでしょうか。

1枠の複勝率はゼロですね。

 

大寒桜賞脚質データ

逃げ馬の複勝率が50%。逃げ切りには注意。

先行馬の複勝率は30%、中団馬の複勝率は47.1%。

差しがかなり届いている感じですね。

ただ後方になると成績はガクッと下がります。

上り3Fデータを見ると1位馬の複勝率が高いですね。

中団から上り最速を使えるタイプを重視しましょう。

 

船橋S出走予定馬

続いて船橋Sを見ていきます。

中山10R芝1200mで行われる3勝クラスの一戦ですが、ここは前走2着のメイショウキョウジが人気となりそう。

ここ最近の走りはとにかく安定していますからね。ここでも上位の走りを見せてくれるでしょう。

ニシノニンキトウン、ビリーバー辺りも素直に上位か。堅い決着になる可能性は高そうですね。

穴っぽい所なら中山芝1200m適性の高いニシオボヌール辺りでしょうか。

 

船橋S人気データ

1番人気馬の複勝率は50%。

2~5番人気馬の複勝率は高め。人気馬が強いレースです。

6~10番人気馬は3勝しているものの、複勝回収率は52%と低め。

11番人気馬は50頭出走して馬券内2頭。

穴馬にはなかなか厳しいレースでしょう。

 

船橋S枠順データ

1、2枠の複勝率が高め。

内枠有利なレースですね。

ただ7・8枠もそれなりに馬券に絡んでいますね。

 

船橋S脚質データ

先行馬の複勝率は36.4%、中団馬の複勝率は15.0%。

逃げ馬も3頭馬券に絡んでいますし、前の馬有利ですね。

上り3Fデータを見ると4・5位馬の複勝率が高いですし、

6位以下の馬も16頭とかなり馬券に絡んでいます。

上りよりも先行力の求められるレースですね。

 

六甲S出走予定馬

最後に六甲ステークスを見ていきます。

阪神11R芝1600mで行われるオープンクラスの一戦ですが、ここはサトノアーサーが人気となりそう。

ただ3勝クラスの勝ちっぷりが良かったウーリリ、アイスストーム、サトノフェイバーもいますからね。

穴で言えば、前走初芝で悪くない走りを見せたスウィングビートが良さそう。

馬場が悪くなるようだとちょっとサトノアーサーには厳しいかもしれませんね。

 

六甲S人気データ

1番人気馬の複勝率は50%。

2~5番人気馬の複勝率は高め。人気馬が強いですね。

6~10番人気馬から勝ち馬が4頭出ていますが、

複勝回収率は57%とイマイチ。

11番人気以下の馬も53頭出走して馬券内1頭。

人気馬を狙っていきたいですね。

 

六甲S枠順データ

2・3枠の複勝率がかなり低いです。

中途半端な内枠は良くないかもしれませんね。

4~7枠の若干外目の枠の複勝率が高いです。

 

六甲S脚質データ

逃げ、先行、中団馬の複勝率が全て20%台。

中団馬がかなり活躍している印象を受けます。

後方になると3着までのイメージですね。

上り3Fデータを見ると1位馬の複勝率が高いです。

中団から上り最速を使えるタイプを狙っていきましょう。

 



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ