【4月5日】山吹賞・難波S・春風Sの競馬予想と過去傾向


今回は2020年4月5日に行われる、山吹賞・難波ステークス・春風ステークスの過去データを分析予想していきます。

注目は阪神10Rの難波S。3勝クラスで強い走りを見せているシフルマン、ゴータイミング。

さらに芝ダート問わず活躍しているセラピアなども参戦しています。

人気、枠順、脚質などのデータを見て、どのようなレースとなるかを考えていきましょう。

 

 

山吹賞出走予定馬

まずは山吹賞から見ていきます。

中山9R芝2200mで行われる3歳1勝クラスの一戦ですが、ここは1勝クラス2回連続2着のエヴァ―ガーデンが中心となりそう。

1800m以上の距離では崩れていませんし、前走で中山芝2200mも経験済み。今回も堅実に走ってくるのではないでしょうか。

その他では中山の未勝利戦を圧勝したオラコモエスタス、東京芝2400mの未勝利戦を勝利したエターナルボンドにも注目か。

 

山吹賞人気データ

1番人気馬の複勝率は44.4%と低め。

2~5番人気馬の複勝率は高め。人気馬全体としては活躍しています。

6~10番人気馬は複勝回収率61%。中穴馬も狙えなくはないか。

基本的には人気馬を狙っていきたいですね。

 

山吹賞枠順データ

1枠の複勝率が非常に低いです。

2~8枠で有利不利はなさそうですね。

内に入り過ぎるとちょっと厳しいか。

 

山吹賞脚質データ

逃げ馬の複勝率が44.4%、先行馬の複勝率が36.4%。

基本的には前の馬有利なレースです。

ただし後方馬が3勝でマクリも決まっていますからね。

これだけの距離ですから、道中で動き出せるタイプならば

序盤に位置が取れなくてもカバーが出来るでしょう。

上り3Fデータを見ると1・2位馬の複勝率が80%以上。

後半3Fしっかりと最後まで足を使えるタイプを狙っていきましょう。

 

難波S出走予定馬

続いて難波ステークスを見ていきます。

阪神10R芝1800mで行われる3勝クラスの一戦ですが、ハンデ戦となっていますね。

3勝クラスで実績のあるシフルマン、ゴータイミング辺りは56kgを背負わされています。

そう考えると牝53kgのセラピア、牡55kgのボッケリーニ、牝53kgのルナステラにもチャンスがありそう。

ハンデ戦だけに混戦模様ですね。

 

難波S人気データ

1番人気馬の複勝率は40%と低め。

2~5番人気馬の複勝率は高め。人気馬は活躍しています。

6~10番人気馬は複勝回収率42%。

11番人気以下の馬は42頭出走して馬券内2頭。

穴馬には厳しいレースですね。

 

難波S枠順データ

1枠の複勝率がゼロ。

2~8枠で差はありませんが、1枠だけは不利ですね。

 

難波S脚質データ

先行馬の複勝率は25.0%、中団馬の複勝率は23.5%。

ほとんど差がありません。差しも届くレースでしょう。

さらに後方馬の複勝率が14.6%とそれなりにあります。

上り3Fデータを見ると1・3位馬の複勝率が高いですね。

阪神芝1800m戦ですからね。

中団、後方からでもしっかりと脚を使えれば間に合うでしょう。

 

春風S出走予定馬

最後に春風ステークスを見ていきます。

中山11Rダート1200mで行われる3勝クラスの一戦ですが、ここは3勝クラスの実績馬が中心となりそう。

前走の走りが良かったイッツクール、昇級初戦でめどを立てたキタノオドリコ。

そして2勝クラスの勝ち方が素晴らしく、1200m戦では崩れていないロードラズライト。

この3頭が人気となるでしょうが、あまり逆らわない方が良いか。

 

春風S人気データ

1番人気馬の複勝率は66.7%と高め。

ただ2~5番人気馬の複勝率は非常に低いです。

6~10番人気馬の複勝回収率は108%と非常に高く。

11番人気以下の馬も3頭馬券に絡んでいます。

穴馬に期待したいレースではないでしょうか。

 

春風S枠順データ

1枠の複勝率、8枠の複勝率が低いです。

極端な枠は良くないでしょうね。

 

春風S脚質データ

逃げ馬が3勝。逃げ切りには注意か。

先行馬の複勝率は22.6%、中団馬の複勝率は21.1%。

かなり差しが届いているようですね。

後方馬も5頭馬券に絡んでいますし、後ろからでもチャンスはありそう。

上り3Fデータを見ると6位以下の馬が10頭馬券に絡んでいます。

上りの使えない馬でもチャンスはありますからね。

先行力のある馬の粘り込みに期待するか、

中団から良い脚で差してこれる馬に期待するか、

レースの展開を考えて、狙いどころを変えていきましょう。

 

 



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ