【5月4日】メトロポリタンS・プリンシバルS・わらび賞の競馬予想と過去データ傾向


今回は2019年5月4日に行われる、メトロポリタンステークス・プリンシバルステークス・わらび賞の過去データを分析予想していきます。

注目はプリンシバルステークス。ダービーへの優先出走権がかかった一戦となっています。

前走大寒桜賞でのちに青葉賞を制するリオンリオンに次ぐ2着に入ったルヴォルグが人気の中心となりそうです。

人気、枠順などのデータを見て、どのようなレースとなるかを考えていきましょう。

 

 

メトロポリタンステークス出走予定馬

まずはメトロポリタンステークスから見ていきます。

東京10R芝2400mで行われる古馬OP戦ですが、1000万・1600万戦連勝中のアイスバブルが人気の中心となりそうです。

しかし重賞戦線で活躍しているノーブルマーズ、アドマイヤエイカンやグローブシアターも参戦。

まずまずレベルの高いOP戦となりそうですが、格上挑戦のアイスバブルはどんな走りを見せるでしょうか。注目の一戦ですね。

 

メトロポリタンステークス人気データ

1番人気馬が過去10年で5勝と絶好調。

さらに2~5番人気馬の複勝率も軒並み高く、人気馬がきっちりと馬券に絡んでいます。

6~10番人気馬は複勝回収率53%とそこまで妙味はないですし、11番人気以下はほとんど馬券に絡みません。

人気馬を中心に馬券を組み立てた方が良いでしょう。

 

メトロポリタンステークス枠順データ

最も複勝率が高いのは1枠、さらに2枠の複勝率も高いです。

東京芝2400m自体も内枠の成績が良いコースですし、内枠は有利に働きそうですね。

1枠、2枠の馬には注目したい所です。

 

メトロポリタンステークス脚質データ

まず逃げ馬は全滅しています。逃げ切るのは厳しいでしょう。

先行馬の複勝率は26.3%とそれほど高くありません。むしろ中団、後方馬の方が数値が高いぐらい。

後ろからいく馬が良く馬券に絡んでいる印象を受けます。

 

複勝回収率を見ても中団、後方馬の数値が高いですし、妙味を考えても差し、追込み馬を狙っていきたいですね。

さらに上り3Fデータを見ると1~3位馬の複勝率が非常に高いです。

東京コースですし上りの使える馬は素直に重視していきたいですね。

 

プリンシバルステークス出走予定馬

続いてプリンシバルステークスを見ていきます。

東京11R芝2000mで行われる3歳OP戦ですが、大寒桜賞2着馬のルヴォルグが人気の中心となりそうです。

しかし葉牡丹賞勝ち馬で重賞でもそこそこ走っているシークレットラン、フリージア賞勝ち馬のアトミックフォース、2連勝中のザダルと他にもなかなか強い馬が参戦。

ルヴォルグだけが抜けているレースではないでしょう。どの馬にもチャンスがあるレースではないでしょうか。

 

プリンシバルステークス人気データ

1番人気馬が過去10年で7勝、2着2回と絶好調。1番人気馬抜きには語れないレースです。

しかし2~5番人気馬の成績はあまり良くありません。人気馬全体が強いレースではないですね。

6~10番人気馬が11頭も馬券に絡んでいますし、穴馬にもチャンスがあるレースでしょう。

 

ただ11番人気以下になるとさすがに厳しい感じ。ある程度の穴馬を狙っていきたい所。

データ的には1番人気馬を中心に馬券を買いたいレースとなっています。

 

プリンシバルステークス枠順データ

複勝率が高いのは1枠、2枠、6枠。

東京芝2000mは1枠の複勝率が非常に高いコースですし、レースデータを見ても複勝率37.5%と高いです。

1枠はかなり有利に働くと考えてよいでしょう。それ以外の枠はそこまで差はないと考えたいですね。

 

プリンシバルステークス脚質データ

断然複勝率が高いのは先行馬、35.5%で複勝回収率も154%と非常に高いです。

中団馬、後方馬も馬券には絡みますが、複勝回収率はあまり高くありません。

妙味を考えると先行馬を中心に馬券を組み立てていきたいですね。

 

上り1位馬の複勝率が非常に高く、上り最速を出せそうな馬には注意が必要です。

ほぼほぼ上り5以内馬で馬券は決まるので、上りを使えない馬は軽視したいですね。

 

わらび賞出走予定馬

最後にわらび賞を見ていきます。

新潟10Rダート1800mで行われる3歳500万戦ですが、大混戦のレースとなりそうです。

すでに500万戦で好走しているグトルフォス、ゲンパチルシファー、グリニッジシチーなど参戦していますが、抜けて強い感じはしないですね。

未勝利戦で強い勝ち方をした馬も多数いますし、どの馬にもチャンスがあるレースでしょう。

 

わらび賞人気データ

1番人気馬が過去10年で6勝。複勝率80%で複勝回収率も104%と非常に高いです。

さらに2、3番人気馬の成績も良く、人気馬が堅実に走っています。

6~10番人気馬の成績はあまり良くありませんし、複勝回収率も54%と低め。

11番人気以下馬は36頭中3頭馬券内と意外と健闘していて、複勝回収率も120%と高いです。

ただ複勝率が8.3%というのを見ると中心には出来ませんね。

素直に1~3番人気馬を中心に馬券を購入したいレースとなっています。

 

わらび枠順データ

1枠は10頭出走して馬券内ゼロ。不利に働くと考えて良さそうです。

2枠~8枠ならば複勝率に大差はありません。有利不利はない感じですね。

新潟ダート1800m自体は内外で有利不利はないコースですが、レース的に1枠は注意ですね。

1枠の馬はあまり重視しない方が良いかもしれません。

 

わらび賞脚質データ

逃げ馬の複勝率が40%、先行馬の複勝率が47.4%と非常に好成績。

馬券内30頭中22頭が逃げ、先行馬ですからね。前に行ける馬を重視しましょう。

ただ同時にマクリも決まるレースです。道中で動き出せるタイプなら大丈夫そう。

さらに上り3Fデータを見ると1位馬の勝率・複勝率が非常に高いです。

 

先行しながらも最後末脚を伸ばせるタイプの馬が理想的ですね。

単系の馬券を買う場合は先行力と末脚を兼ね備えたタイプを中心にしたい。

上り3~5位の馬は2着、上り6位以下の馬は3着が多いイメージです。

 

今週の狙い馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

また無料メルマガでも見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

最終買い目は勝ち組プロジェクトにて公開です!

【スマホ・PCの方】⇒登録はこちち

【ガラケーの方】⇒登録はこちち

━【PR】━━━━━━━━━━━━━
的中率75%以上!
一級情報検定士が叩き出す脅威の実績!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一級情報検定士の松平元就が代表となり

圧倒的な実績と的中率を誇るサイト!

「勝ちKEIBA」

一級情報検定士とは競馬という公営競技における
的中実績1000レース以上の馬券購入で

72%以上の的中を出してきた人間が審査対象となり
自信を持って選んだレース240鞍を

【年間通して75%以上】

的中したもののみ得られる資格。

つまり仕入れた極秘情報を元に、

年間通して4分の3当てないと得ることが出来ない資格。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その威力はすさまじく近走も高配当も量産!

2/17(日)京都11R:大和ステークス
三連単:11ー10ー03
獲得金額:98,150円

2/10(日)小倉11R:関門橋S
三連単:03ー02ー12
獲得金額:1,825,050円

2/3(日)京都11R:きさらぎ賞
三連単:04ー01ー06
獲得金額:709,800円

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

更に 無料情報 でも一級情報検定士が携わり、

予想を配信するのが勝ち競馬というサイト!

今週も「京都新聞杯」の予想を配信!

まずは無料情報から使ってみては?

⇒簡単無料登録こちら

 



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ