【6月27日】八ヶ岳特別・水無月S・アハルテケSの競馬予想と過去傾向


今回は2020年6月27日に行われる、八ヶ岳特別・水無月ステークス・アハルテケステークスの過去データを分析予想していきます。

注目は東京メインのアハルテケS。マーチS3着、栗東S2着と好走を続けるレピアーウィットがここに参戦してきました。

さらにスマハマ、デアフルーグといった最近不調なものの、能力的には上位の馬も参戦しています。

人気、枠順、脚質データを見て、どのようなレースとなるかを考えていきましょう。

 

 

八ヶ岳特別出走予定馬

まずは八ヶ岳特別を見ていきます。

東京10R芝1800mで行われる2勝クラスの一戦ですが、ハンデ戦となっていますね。

ここは久しぶりの芝1800m戦となるサトノシリウスが人気の中心となりそう。

ただ57キロとトップハンデを背負いますし、そこまで末脚のキレないタイプだけに距離短縮はどうなのか?

昇級馬のミトロジーも人気となりそうですが、55キロと斤量は少し仕込みまれた感じ。

前走の勝ち方は良かっただけに、なかなか難しい所ですね。

ハンデ戦ですし、穴馬にもチャンスはあるでしょう。

ここ3走崩れていないディアシューターは牡馬54キロの斤量を生かしてもう少し上の3着以内を狙いたい所か。

元々ダートを走っていた馬だけに今週末の雨予報もプラス材料ですね。

 

八ヶ岳特別人気データ

1番人気馬の複勝率は40%と低め。

ただ2~5番人気馬の複勝率はかなり高いです。

6~10番人気馬は8頭馬券に絡んでいて、複勝回収率は67%。

11番人気以下の馬は馬券には絡んでいません。

人気馬を素直に重視したいですね。

 

八ヶ岳特別枠順データ

1枠の複勝率が63.6%と非常に高いです。

1枠に入った馬には注意したいですね。

 

八ヶ岳特別脚質データ

逃げ馬の複勝率が36.4%、先行馬の複勝率が31.4%

中団馬の複勝率が30%。逃げ、先行、差しで大きな差はありません。

そして後方になると複勝率が急に下がりますね。

最低でも中団辺りの位置が取れる馬を重視しましょう。

上り3Fデータを見ると、1~5位馬の複勝率が高いですね。

上位の上りを使える馬は素直に重視したい所か。

 

水無月S出走予定馬

続いて水無月ステークスを見ていきます。

阪神11R芝1200mで行われる3勝クラスの一戦ですが、ここもハンデ戦となっています。

前走朱雀S2着馬の牝馬53ブリッツアウェイ、3着馬の牡馬55kgバーニングぺスカなどが人気となりそう。

しかしどの馬もそこまで強い感じはしませんね。

これなら中団から差してこれる54kgイサチルホープ、こちらも中団から差してくるタイプの52kgコロラトゥーレと言った馬でも

斤量差を生かせばチャンスはあるでしょう。混戦ですね。

 

水無月S人気データ

1番人気馬の複勝率は50%とそこそこ。

2~5番人気馬の複勝率はあまり高くないですね。

6~10番人気馬は7頭馬券に絡んでいて、複勝回収率は144%。

11番人気以下の馬は1頭馬券に絡んでいて、複勝回収率は119%。

中穴馬を狙っていきましょう。

 

水無月S枠順データ

特に内外で有利不利はないですね。

枠順はあまり気にしなくて良いでしょう。

 

水無月S脚質データ

逃げ馬の複勝率が50%と高め。逃げ粘りには注意か。

先行馬の複勝率は29.6%とそこまで高くないですし、

後方馬の複勝率が21.4%とかなり高いですからね。

後ろからでも十分に届くレースではないでしょうか。

上り3Fデータを見ると1~3位馬の複勝率が高め。

良い上りを使える馬を重視しましょう。

 

アハルテケS出走予定馬

最後にアハルテケステークスを見ていきます。

東京11Rダート1600mで行われるオープンクラスの一戦ですが、ここはレピアーウィットが人気となりそう。

元々3勝クラスは東京ダート1600mを勝ち上がっているように、このコースでも問題なく走るタイプ。

マーチS3着の実績がありますからね。好調のこの馬に逆らうのはあまり良くないか。

スマハマ、デアフルーグも人気となりそうですが、この2頭は近走不調なだけに持ち直してこないと厳しいでしょう。

穴なら昇級馬のゴルトマイスターですかね。スタートより二の足に良さがある馬なので、外目の9番はまずまずの枠順。

逃げ馬のスマハマを行かせる形にして番手に構えれば、最後は見せ場を作れるのではないでしょうか。

 

アハルテケS人気データ

1番人気馬の複勝率は50%とそこそこ。

2~5番人気馬の複勝率は低め。

6~10番人気馬は10頭馬券に絡んでいて、複勝回収率101%。

11番人気以下の馬は4頭馬券に絡んでいて、複勝回収率310%。

中穴馬、大穴馬を狙っていきましょう。

 

アハルテケS枠順データ

若干1・2・3枠の複勝率が低いですね。

内目に入った場合は注意が必要でしょう。

 

アハルテケS脚質データ

先行馬の複勝率は23.5%、中団馬の複勝率は22.0%。

先行差しでほとんど差はありません。

後方馬のそれなりに馬券に絡んでいますね。

位置取りは問われないレースです。

上り3Fデータを見ると1~5位馬の複勝率が高め。

上り6位以下の馬はほとんど馬券に絡みませんからね。

上位の上りが使える馬を重視しましょう。

 



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ