【6月6日】由比ヶ浜特別・三木特別の競馬予想と過去傾向


今回は2020年6月6日に行われる、由比ヶ浜特別・三木特別の過去データを分析予想していきます。

三木特別には未勝利戦・あずさ賞と連勝中の3歳馬ソニックベガが参戦していますし、

由比ヶ浜特別にはペコリーノロマーノ、オータムレッドとこちらも3歳馬が参戦しています。

古馬とは初対戦となりますが、軽斤量を生かしてどこまで好走してくるでしょうか。

まずは人気、枠順、脚質データを見て、どのようなレースとなるかを考えていきましょう。

 

 

由比ヶ浜特別出走予定馬

まずは由比ヶ浜特別を見ていきます。

東京10R芝1400mで行われる2勝クラスの一戦ですが、このレースはハンデ戦となっています。

今週から3歳馬が古馬と戦うことになりますが、このレースにはペコリーノロマーノ、オータムレッドと3歳牝馬が2頭参戦。

どちらも51kgと斤量は軽いですが、近走パッとしない馬だけに同じような走りだと厳しそうですね。

いつも良い脚を使って届かずのミモザイエローは52kg、同舞台で4着、4着ときているスズカアーチストは53kg。

もう一歩の馬が軽斤量を生かして、激走する可能性は大いにあるか。

 

由比ヶ浜特別人気データ

1番人気馬の複勝率は20%と非常に低いです。

2~5番人気馬の複勝率はそこそこ。

6~10番人気馬は9頭馬券に絡んでいて、複勝回収率は114%。

11番人気以下の馬は3頭馬券に絡んでいて、複勝回収率は79%。

穴馬を積極的に狙っていきましょうか。

 

由比ヶ浜特別枠順データ

特に内外で有利不利はなさそうです。

枠順はあまり気にしなくて良いでしょう。

 

由比ヶ浜特別脚質データ

先行馬の複勝率が35.1%とかなり高め。

ただ逃げ馬は複勝率10%と厳しい感じですね。

上り3Fデータを見ると1、3位馬の複勝率が高いです。

先行しつつ上位の上りを出せる馬を狙っていきましょう。

 

三木特別出走予定馬

続いて三木特別を見ていきます。

阪神9R芝1800mで行われる2勝クラスの一戦ですが、ここも3歳馬のソニックベガが参戦しています。

52kgと斤量は軽いですし、この馬は現在2連勝中と勢いもありますからね。

前走も先行勢が粘る中上り最速で差してきての勝利。これなら古馬相手でも通用するでしょう。

2勝クラスで2着、2着、3着ときているティグラーシャ、こちらも同クラスでいつも強い競馬をしているヒルノダカール。

この辺りにも当然注目。

 

三木特別人気データ

1番人気馬の複勝率は88.9%と非常に高いです。

2~5番人気馬の複勝率はそこそこ。

6~10番人気馬は5頭馬券に絡んでいて、複勝回収率は74%。

11番人気以下の馬は馬券内ゼロ。

1番人気馬、上位人気馬を素直に重視したいですね。

 

三木特別枠順データ

特に内外で有利不利はなさそうです。

阪神芝1800mですし、有利不利はないでしょう。

 

三木特別脚質データ

逃げ馬の複勝率が44.4%、先行馬の複勝率は34.5%。

意外と前に行った馬が馬券に絡んでいます。

上り3Fデータを見ると1、2位馬の複勝率が高いですね。

このコースなのでやはり上りの使える馬を重視しましょう。

 



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ