【8月10日】新潟日報賞・阿蘇S・コスモス賞の競馬予想と過去傾向


今回は2019年8月10日に行われる、新潟日報賞・阿蘇ステークス・コスモス賞の過去データを分析予想していきます。

注目は小倉メインの阿蘇S。3勝クラスを圧勝したメイショウワザシや50kgで出走となるグアンが人気の中心となりそうです。

さらにナムラアラシ、ドンフォルティス、タガノディグオと名の知れた馬も多数参戦。

人気、枠順、脚質などの傾向データを見て、どのようなレースとなるかを考えていきましょう。

 

 

新潟日報賞出走予定馬

まずは新潟日報賞を見ていきます。

新潟11R芝1400mで行われる3勝クラスのレースですが、ハンデ戦となっていますね。

 

人気の中心となりそうなのは同クラスの1400m戦で3戦連続馬券内の56kgアダムバローズ。

前走こそハイペースの中で先行してしまい勝ち馬と0.5秒差と少し離されましたが、自分の流れになれば結構粘り強い馬ですからね。

スタートがあまり上手くない馬なので、同馬初騎乗の大野騎手がどの位置で競馬をするかにも注目でしょう。

 

その他にも橘S2着馬で前走2勝クラスを快勝した52kgジュランビル、橘S3着馬で同じく2勝クラスを勝利した51kgレノーア。

2連勝中の53kgカレングロリアーレ、サウジアラビアRC2着・クロッカスS3着の実績を持つ53kgドゴールなど3歳の良い馬が揃っています。

 

新潟日報賞人気データ

1番人気馬の複勝率は50%とそこそこ。

ただ2~5番人気馬の複勝率は全体的に低く、人気馬があまり馬券に絡んでいません。

6~10番人気馬は複勝回収率113%と好調。

複勝率も26.7%と高いですし、中穴馬は積極的に狙っていきたい感じか。

11番人気以下の馬も3頭馬券に絡んでいますし、気になる馬がいたら大穴馬も馬券に加えていきたいですね。

 

新潟日報賞枠順データ

複勝率が高いのは8枠。ただ8枠だけの成績が良く、外枠全体が有利という感じはしませんね。

新潟芝1400m自体も内外で有利不利はないコースです。

枠順はそこまで気にする必要はなさそうです。

 

新潟日報賞脚質データ

逃げ馬が4勝と好調。逃げ切りには常に注意したいですね。

先行馬の複勝率は22.7%とあまり高くないですが、中団馬・後方馬に比べると数値は高い感じ。

できれば先行したい所でしょうが、先行しないとダメと言うわけではないでしょう。

 

後方馬の複勝率も13.3%と悪くないですし、後ろからも届くレースとなっています。

上り3Fデータを見ると1位馬よりも2位馬の複勝率が非常に高いです。

後方から上り最速を使っても届かないことが多いのでしょうね。

前目から速い上りを使えるタイプが理想的ではないでしょうか。

上り3F6位以下の馬もかなり馬券に絡んでいますし、先行力で勝負するタイプには好走しやすいレースでしょう。

 

阿蘇ステークス出走予定馬

続いて阿蘇Sを見ていきます。

小倉11Rダート1700mで行われるオープン戦のこのレースですが、ハンデ戦となっています。

 

軽斤量での出走となる50kgグアン、前走同舞台の1600万戦を圧勝した54kgメイショウワザシ、オープン実績十分の57kgナムラアラシなどが参戦。

そして4歳馬の56kgドンフォルティスも人気の一角を担いそうですね。

元々は伏竜Sでルヴァンスレーヴを負かしたほどの馬ですが、その後ジャパンダートダービー、レパードS、白山大賞典とダート長距離路線で期待に応えられないレースが続きました。

その後に1400mに路線変更して挑んだ霜月Sで勝ち馬と差のない4着と良い競馬を見せ、1400mに照準を絞って出走してきましたが、前走のプロキオンSを見る限りやはり距離が短い感じ。

高速馬場だったこともあると思いますが、1400mの流れに全然乗れていませんでした。後方から伸びてきそうではありましたが、勝負所に入れていなかったのでかなり厳しい競馬でしたね。

1700mへの距離延長はプラスに働きそうですし、中団辺りのポジションが取れればチャンスのある一頭ではないでしょうか。

 

阿蘇ステークス人気データ

1番人気馬の複勝率は60%と高め。

さらに2~5番人気馬の複勝率も全体的に高く。人気馬が強いレースです。

6~10番人気馬の複勝回収率は61%ですから、中穴馬もまずまず狙えそう。

 

 

阿蘇ステークス枠順データ

複勝率が非常に高いのは8枠、5枠。低いのは1枠。外目の枠の方が成績が良いですね。

小倉ダート1700m自体は内外で有利不利はないコースですが、このレースは外枠有利ということは気に留めておきたいですね。

 

阿蘇ステークス脚質データ

複勝率が高いのは先行馬です。逃げ馬の複勝率も悪くないです。

中団馬までならチャンスがありますが、後方馬になると好走確率は急に下がります。

あまりに位置が取れない馬には厳しいレースになるでしょう。

上り3Fデータを見ると1~3位馬の複勝率が非常に高いです。

上りの使える馬は素直に重視したいですね。

 

コスモス賞出走予定馬

最後にコスモス賞を見ていきます。

札幌10R芝1800mで行われる2歳OP戦ですが、ここはレベルの高い新馬を完勝したルーチェデラヴィタが人気の中心となりそうです。

前走は内を突いて上り最速で勝利とレース自体は目立ちませんが、負かした2着馬のヒシタイザンが次走未勝利を即勝ち抜け。

他のそこまで強い相手もいませんし、ここは大きなチャンスでしょう。スピードがある馬なので、できれば緩い流れになって欲しい所ですね。

 

相手となりそうなのは阪神マイルの未勝利戦を勝利したスリリングドリーム。前走を見た感じまだ走りが幼いので、その点が良くなってくれば。

福島の未勝利戦を勝利したコスモインぺリウム、福島の新馬戦を勝利したエヴァ―ガーデンにも注目です。

 

コスモス賞人気データ

1番人気馬の複勝率は100%。勝ち馬も5頭出ています。

2~5番人気馬の複勝率も非常に高いですし、人気馬が強いレースです。

6~10番人気馬はあまり馬券に絡みませんし、11番人気以下の馬も厳しい所。

人気のある強い馬を素直に信頼したいレースとなっています。

 

コスモス賞枠順データ

複勝率が高いのは4枠、2枠。内目の枠が良さそうですが、1枠は成績が悪いです。

札幌芝1800mn自体は完全に内枠有利なコースです。

内からロスなく競馬出来そうな馬は素直に重視したいですね。

 

コスモス賞脚質データ

逃げ馬の複勝率が44.4%、先行馬の複勝率は56.0%。完全に前有利なレースです。

中団より後ろの馬は43頭いて4頭しか馬券に絡んでいません。

ただマクリは決まるので、道中で動き出せるタイプにはチャンスがありそうです。

上り3Fデータを見ると1位、2位馬の複勝率が非常に高いです。

前目に付けてから速い上りを使えるタイプを重視したいですね。

脚質データを見る限り王道的な競馬の出来る、競馬の巧い馬を重視した方が良いでしょう。

 

 

今週の狙い馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

また無料メルマガでも見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

最終買い目は勝ち組プロジェクトにて公開です!

【スマホ・PCの方】⇒登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業38年【ホースメン会議】

7月も多数の万馬券的中
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1日1鞍の渾身予想

9月1日まで(4週間)無料公開!

しかも関屋記念の
重賞情報も無料で特別公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

7/28 小倉7R    1万6480円的中
7/27 新潟10R    2万9480円的中
7/21 福島12R     6690円的中
7/20 中京7R    4万5810円的中
7/14 中京12R    1万0270円的中
7/13 福島10R    2万3620円的中
6/30 中京9R     7860円的中
6/29 函館6R    2万3710円的中
6/23 東京9R    1万7950円的中
6/22 東京9R    1万6550円的中

▼1日1鞍の渾身予想を無料で見る▼



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ