【CBC賞2018】予想オッズと出走予定馬分析&先週の結果


今回はCBC賞2018の予想を中心とした記事を書きます。

グランプリレースの宝塚記念も終わり本格的な夏競馬突入。

多くの方は夏競馬はやらないよ!という気持ちと思いますが

夏場は抜けた馬もおらず荒れるレースがバンバン開催されます。

その分デカイ馬券を取れる事も多々。狙っていきたいですね!

 

 

先週の結果報告

まずはCBC賞の話題に入る前に先週の結果報告から。

先週は色々な所でも告知したとおりではありましたが、

有力所に不安材料が多かったので思い切って組みました。

結果は…上位評価した馬は来るも軸が来ずハズレに…。

 

 

【宝塚記念 予想結果】

1着 × ミッキーロケット

2着 ▲ ワーザー

3着 ☆ ノーブルマーズ

ーーーー

7着 ◎ ステファノス

 

 

ミッキーロケットの頭は流石に想定しきれませんでしたが

3番手ワーザー、穴推奨ノーブルマーズが上位入選。

土曜の競馬を見てノーブルM軸まで一瞬考えましたが

信念を貫いた結果でのハズレ。後悔はありません。

 

 

何とか上半期ラストは的中で締めくくりたかったですが

切り替えて下半期!まずは得意の夏競馬で結果を出します!

小回りローカルで適正舞台替わりで激走する馬も増えるし

状態面が良い馬がそのまま上位に来る事もバンバン増える。

 

 

まさに僕の予想方法がドンズバでハマるシーズンなので

この夏でガツッと結果を出していこうと作戦を練っている次第です。

重賞でも回収率1000%オーバーの馬券を何本もお届けしたい所です!

 

 

CBC賞予想オッズ

それでは前置きが長くなりましたがそろそろ本題へ。

まずは現時点でのCBC賞の予想オッズをご紹介致します。

1 ダイメイフジ    2.7
2 アサクサゲンキ   4.5
3 ワンスインナムーン 5.9
4 セカンドテーブル  6.0
5 ペイシャフェリシタ 6.9
6 アクティブミノル  13.9
7 ダイメイプリンセス 21.4
8 スノードラゴン   25.1

えーーー!ワンスインナムーンまた出てくるんすか?

先々週函館使って中京までまた輸送入れるとは…。

まぁとりあえず上位人気馬を中心に分析を行っていきます。

 

 

出走予定馬分析

ダイメイフジ

前走はモズアスコットに勝利。向こうはヘグリまくりでしたが。

それでもこの馬自身、力ある所を見せつける形になりましたね。

あの競馬をしたなら酒井学続投でも良かったかな?と思いますけど。

1番人気は納得ですが逆に負けても何の驚きもしない馬と言う感じ。

 

 

アサクサゲンキ

前走はスタートが全てでしたね。内枠で遅れたらジエンド。

本来スタートは良い馬だし今回は当然巻き返して当たり前。

懸念材料はそもそも今年の3歳牡馬世代は正直レベルが低い。

相手にも恵まれた感はありますがハンデ差を活かせしてどこまで。

 

 

ワンスインナムーン

常識的に考えて函館⇒この間隔で中京使ってくるのは異例。

馬の事を考えてもこれで更に状態を上げるとは言えないですし

力は確かにここでは上位ですが良い状態に作りきれるのか?

 

 

セカンドテーブル

昨年の2着馬。斤量も昨年同様の56キロでの出走となる。

水口騎乗で毎回そこまで人気はしないですが安定勢力。

個人的には上位勢の中ではこの馬が一番魅力を感じている。

後は状態次第。追い切りなど見て判断したい所です。

 

 

ペイシャフェリシタ

着実に力はつけてきているし馬自身も今が成長期。

久々の一戦にはなりますが血統的にもこれからが魅力的。

高木厩舎坂路中心で馬を作ってくるので短距離&ダートは合う。

条件も揃っているし初重賞制覇のチャンスは十分秘めている。

 

 

アクティブミノル

行ききってなんぼの馬ですが昨年はその形で3着入選。

大きな上積みがあるか?と言われたら微妙な所ですし

今回はいけるなら行ききりたい馬もいますからね。

楽な競馬が出来れば2018年もチャンスあるかもですが

マイペースで行けないなら厳しい競馬にはなってきそう。

 

 

予想まとめ

と言う事でざっと上位人気馬を中心に分析しました。

後は追い切り見て土曜の競馬見て最終予想へ導きますが

中京開幕週の傾向も是非とも抑えておきたい所です。

 

 

開幕週と言えば、前が有利なんじゃないの?

と思う方も多いかもしれませんがこのレースは真逆です。

 

 

差し・追込馬の台頭はバンバン決まっていますし

上がり最速の馬の回収率が群を抜いて良い結果が出ている。

 

 

盲点は前目と言うよりは中段から脚を使える馬と思いますが

個人的に現時点で最も気になっている穴馬はランキングで発表です。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

2走前も前走もやはり位置取りの差で負けてしまっている同馬。

前走に至っては最後方からぶん回す競馬で3着惜しい競馬だった。

脚の使い所が難しいのは間違いない馬ではありますが、

今回は鞍上強化。腹括って乗ってきたら一発の魅力は十分ある。

 

 

また無料メルマガにおいても予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

CBC賞の最終穴馬はメルマガでお届け予定!

【スマホ・PCの方】⇒ 登録はこちち

【ガラケーの方】⇒ 登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

得意のスプリントレース!穴馬の台頭を教えます

サマースプリントシリーズ第1戦・函館スプリントSで、

当社は5万馬券的中の昨年に引き続き、今年も万馬券的中をお届け。

 

サマースプリントシリーズは、シリーズ全体で高配当決着が恒例。

特にハンデ戦であるCBC賞は、去年が40万馬券、

一昨年も10万馬券決着と大波乱が続いており、

一般的には難解と言えるレースと言えよう。

サマーシリーズにおける馬券攻略の大きなポイントとなるのは、

やはり“陣営の思惑”だ。

 

ボーナスを狙ってシリーズチャンピオンを狙う陣営もいれば、

秋のスプリンターズSを見据えた試走と位置づける陣営も。

今年も虎視眈々と一発を狙う【激走穴馬情報】を既にマーク済み。

この激走穴馬が馬券に絡めば、昨年に続いて…

「大波乱決着もあり得る」との話だ。

 

そこで、今週はシンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、

CBC賞の【◎-穴・1点馬券】を無料公開させて頂く。

是非ともCBC賞の情報を馬券検討にお役立て頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

先着100名様限定!

好配当を狙い撃つ【1点馬券】を特別無料公開!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ