【JBCスプリント2018予想】マテラスカイなど人気出走馬分析|混戦模様のスプリント戦を制するのは?


もうねこんなの難解意外のなんでも無いJBCスプリントなのですが2018年は圧倒的に抜けた馬もおらず波乱の匂いもプンプンしてきますよね…。

予想オッズを見るとマテラスカイがやや抜けた人気になってくると思うのですが、前走は叩き台の一戦だったとは言え地方馬相手に普通に凡走しての負けでしたし。

状態面一つで何が上位に来てもおかしくないような今年のJBCスプリントですが、サクッと現時点での思いを記事にまとめておきたいと思います。

 

 

JBCスプリント2018予想オッズ

まずは現時点での予想オッズからお知らせしておきますね。

1 マテラスカイ    2.2
2 レッツゴードンキ  4.8
3 キタサンミカヅキ  5.9
4 モーニン      6.6
5 グレイスフルリープ 7.0
6 ナックビーナス   18.2
7 ネロ        20.6
8 セイウンコウセイ  28.7

ざっとここまでが20倍圏内の支持を受けそうな馬達です。

まぁ2走前の走りからマテラスカイがやや抜けた人気になるのは理解できるのですが、圧倒的に抜けてるか?と言われたら正直微妙でしか無いですよね。

とりあえずはざっと上位人気馬を中心に分析を行っていきます。

 

 

人気出走予定馬分析

マテラスカイ

出世がかなり遅れたが逃げる形の競馬をすればここまでやれるというのが証明できましたね。鞍上武豊に乗り替わりで大正解の形。

メンツを見ても何がなんでも逃げなければならないのはこの馬ぐらいだし、スタートさえ決まれば当然ながら自分の競馬はできそうですね。

ただ、内目配置になって出遅れた場合どこにもいないと言う可能性は十分あるので枠順は外目の枠を引けるかどうかが鍵になりそう。

 

 

レッツゴードンキ

芝ダート兼用で使える所を使ってきているのは使い方を見てもわかる。

当然ながら力はここでは上とは思うが、個人的には牝馬がダート1200mの勝ち切るイメージが湧かないんですよね…。

最近は位置も取りにいけなくなってるし本質的にここがベスト条件ですか?と言われたら全く違うので強くは推せないかなと言う印象。

 

 

キタサンミカズキ

大井に転厩してから馬がガラリ一変して本当に良くなりましたよね。完全に環境と調教師が変わったことでよくなった典型的なパターン。

輸送は気になるし8歳馬なので大きな上積みが無いのはわかるが、前走内容を見ても地方馬のG1制覇の夢は無きにしもあらずだろう。

ハマり待ちになると思うが、内目の枠を引いて溜める形で伸びてこれば一発の魅力は感じる1頭。

 

 

モーニン

腐ってもG1馬ではありますが、正直一級戦相手だと落ちるのは事実。そういう意味ではスプリント路線に転向してきたのは大正解かもしれませんね。

とは言え前走は相当楽な相手に勝っただけで日本馬は骨っぽいし位置も取りにいけないだろうしハマり待ちになるのは間違いないだろう。

前目が崩壊して差しが台頭してくるような流れになるなら一考も前残りになるならむしろ危険な可能性の方が高い気はするが。

 

 

グレイスフルリープ

自分の形をとって逃げれればまぁ強いのは認めますが今回はマテラスカイがいるんで番手からの競馬になってくるだろうと思う。

その形だと正直ここでは荷が重いですよね…。楽に行ければ良いですが厳しい展開になったらどこにもいない可能性が高い。

 

 

ナックビーナス

まぁ楽な相手にやれるからここに登録してきたとは思いますが条件的には正直ベストか?と言われたらさすがにそれは嘘だと思う。

昨年の東京盃は出遅れて全く競馬にならなかったが、スタートを決めればまぁそこそこはやれるんじゃないか?

前に行ける脚もあるし個人的にはレッツゴードンキよりはこっちを予想でも重視したいかな?と言うレベル。

 

 

ネロ

当然行けるなら行けたほうが良い馬ですが今回は前に行きたい馬も揃っているので楽な競馬にはならないだろう。

とは言えスムーズな競馬をすれば上位勢と何ら差は無いしとにかく枠順配置が大事になってきそうな印象を受ける。

鞍上は戸崎。この鞍上だし内目の枠に入って出負けしたらしんどいので、外目からスムーズな競馬なら予想でも重視するかも。

 

 

セイウンコウセイ

本質的には軽いパンパンの芝よりも多少タフな馬場の方が合うタイプなので意外とJBCでもやれるかもですね。

ただ、元々ダートで好走していた馬と言えどG1級相手にいきなりやれるか?と言われると正直未知数過ぎる。

これも上記で分析してきた馬と同類だが逃げれればしぶといが自分の競馬をできないとかなり脆い馬ですしねぇ…。

 

 

出走馬分析まとめ&予想で重視したい馬は?

と言う事でざっと上位人気馬を中心に分析を行ってきました。

ダートの短い所ですし当然ながら前に行きたい馬が揃ってくるのは必然的で楽に行ければ逃げ・先行決着にはなるでしょうね。

ただし、上位勢を見ても明らかですが前に行って自分の競馬をしたい馬が多すぎるのも事実。やりあったらどうなるかなんてもはや誰にもわからない世界になってくる。

 

 

まだ枠順配置もでてないので何とも言えない所ですがまぁ普通に行くなら最も早いのはマテラスカイなのでこの馬が行きそう。

しかもかなりの速いペースで逃げてこの馬だけ別次元の勝ち方をする可能性というのは十分秘めていると思うんですよね。

そうなった時にこの馬について行った馬は全滅する可能性は十分。となれば盲点になるのは差し馬かな?と現時点では予想しています。

 

 

では想定通りの流れになった時、最も怖いな~と思う穴馬についてはいつも通りの流れで恐縮なのですがランキングにて発表しておきますね。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

オーバーラップで1200mのスピード勝負だけではないスタミナが求められる展開になった時、この馬の台頭の可能性は十分ありえると思う。

今回は全く人気無いと思うが前走で1200mを使ったのもここに向けて流れを覚えさせる意味もあったと思うし照準は絞ってきているはず。

展開がハマれば勝ち負けはどうかも2,3着に突っ込んでくる可能性は十分あると思うので、最終予想でも重視するかもしれません。

 

 

また無料メルマガでも予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

JBC3競争の最終穴馬はメルマガでお届け!

【スマホ・PCの方】⇒登録はこちち

【ガラケーの方】⇒登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━

JBC3競争の予想&攻略ネタも無料でお届け致します!

一級情報検定士の松平元就が代表となり

圧倒的な実績と的中率を誇るサイト!

一級情報検定士とは競馬という公営競技における
的中実績1000レース以上の馬券購入で

72%以上の的中を出してきた人間が審査対象となり
自信を持って選んだレース240鞍を

【年間通して75%以上】

的中したもののみ得られる資格。

つまり仕入れた極秘情報を元に、

年間通して4分の3当てないと得ることが出来ない資格。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その威力はすさまじく近走も高配当も量産!

10/14(日)新潟09R:3歳上500万
三連単:04ー02ー09
獲得金額:198,850円

10/08(日)京都11R:京都大賞典
三連単:02ー04ー05
獲得金額:97,100円

9/23(日)中山07R:3歳上500万
三連単:12ー14ー15
獲得金額:158,200円

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

更に無料情報でも一級情報検定士が携わり、

予想を配信するのが勝ち競馬というサイト!

今週も「AR共和国杯・JBC3競争」の予想を配信!

まずは無料情報から使ってみては?

【無料!】簡単登録で予想受取はクリック!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ